home > 衛生管理者受験対策講座 > よくある質問

衛生管理者受験対策講座
よくある質問

質問をクリックしてください。回答がご覧いただけます。
Answer
第1種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができます。 第2種衛生管理者免許を有する者は、情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など有害業務と関連の薄い一定の業種の事業場においてのみ、 衛生管理者となることができるようになっています。現在勤務されている事業場の業種や今後、勤務される可能性のある事業場の業種を考慮して どちらかを選択されるとよいでしょう。
Answer
全国に7箇所設けられている安全衛生技術センターのうち、受験地のセンターへお問い合わせ下さい。 詳細は財団法人安全衛生技術試験協会のホームページでご確認下さい。
Answer
受験資格の詳細は「衛生管理者とは」のページでご確認下さい。
Answer
事業者証明書に記載の項目を一般的な事例で説明すると、以下のようになります。
1.健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務
  ・会社の定期健康診断の運営業務・運営補助業務
2.(省略)
3.作業条件、施設等の衛生上の改善の業務
  ・職場の業務改善提案(衛生に関するものに限る)
  ・作業方法や作業時間の改善変更、職務の見直しの業務
  ・事業場内施設、設備の清掃や手入れ業務
  ・随時清掃、定期清掃の業務
4.(省略)
5.衛生教育の企画、実施等に関する業務
  ・衛生教育の講師業務
  ・衛生教育の社内通知業務 等
Answer
受験資格のひとつとして必要となる労働衛生の実務経験を事業者等が証明した書面のことです。 事業者等とは事業場を代表する者(社長、支店長、工場長、市長等)または、業務経験を管理する部門長(人事部長、総務部長等)をいいます。
Answer
上記の「事業者証明に必要な実務経験」の内容の業務に実際に従事した期間のことを指しています。
Answer
講義終了後、第1種の場合は最低30時間、第2種の場合は最低20時間の問題演習を推奨しています。 そのため、試験日までに、自宅学習の時間を確保できる日数を考慮して決定されるとよいでしょう。
Answer
受講初日10日前までにお申し込み下さい。なお、定員になり次第、申込を締切いたします。予めご了承下さい。
Answer
受講初日7日前までにお振込み下さい。
振込手数料はお客様負担にてお願いします。
Answer
お申し込み後、キャンセルもしくは日程変更を行う場合は必ず弊社まで
ご連絡下さい。
なお、次のとおりキャンセル料を頂戴致します。予めご了承下さい。
暦日でカウントさせて頂きます。

受講初日の1週間前まで・・・無料
6日~3日前まで・・・受講代金の30%をご請求申し上げます。
2日前まで・・・受講代金の50%をご請求申し上げます。
前日・・・受講代金の70%をご請求申し上げます。
当日・・・受講代金の100%をご請求申し上げます。

お申し込み後、受講者を変更される場合は分かり次第、弊社まで連絡下さい。

【連絡先】
電話 :0120-672-286(平日9:00~17:00)
メール:jimukyoku@upuente.co.jp(24時間)

電話連絡受付は、弊社の営業日(土日を除く)・営業時間(9:00~17:00)内にいたします。 弊社が休業日の場合、キャンセルのご連絡を受け付けられませんのでご注意下さい。 メール連絡受付は、24時間行っております。
なお、弊社からのご連絡は営業時間内にて行わせて頂きます。
Answer
振込用紙のご用意はございません。お手数ですが、金融機関等の窓口または備え付けの振込用紙をご利用の上、お振込み下さい。
Answer
請求書は、お申込み確定後、HP上にて印刷することができます。別途、郵送にて必要な場合は、申込書の所定欄に郵送希望の旨をご指定下さい。 領収証の発行は、金融機関等の振込み票の控えを領収証に代えさせていただいていることから、原則として行っておりません。 ただし、 振込み票の控えが発行されない場合など特別な場合は発行致しますので、申込書の所定欄に発行希望の旨をご指定下さい。 ご入金確認後に領収証を郵送致します。